【豊橋技科大】高専から大学編入学に向けた部屋探しと引越作業

大学編入試験に合格し、進学が決まったのなら、それに合わせて進学の準備をしていかなければなりません。

進学準備は卒業準備とも重なっていることもあり、2~4月上旬までは、親の私にとってとにかく忙しかった思い出しかありません。

3月の大学受験を経て大学に入学する学生が多い大学と、夏頃までには大学編入が決まってしまう高専卒業生が多い技科大では、部屋探しの時期が少しズレている印象で。

本記事では、我が家の部屋探しと引越しの話、失敗談について紹介します。

とある高専生の母

私は豊橋出身。当時に比べていろいろ変わっていることもあるかもしれないけれど、土地勘あるのは強みでした。

目次

部屋探し

とある高専生

寮はもうお腹いっぱいだから、アパートで一人暮らししたい!

とのことで、大学は入寮申請せずにアパートの部屋探しをすることにしました。

沼津高専から豊橋技術科学大学に進学した友人たちは、入寮申請しても全員落ちてしまったそう。三島の子でも落ちたらしいので、静岡県ぐらいでは入寮できないのかもしれません。たまたまかもしれませんが……。

物件巡り

一般的に、大学を卒業する人たちが不動産仲介業者に退去の連絡をし始めるのは、2月頃から。ということで、2月頃から部屋探しを始めました。

大学周辺を車でグルっと回ったところ、この辺りのアパートを扱っている不動産会社は『ニッショー』が強い印象。

とりあえず、沼津高専のときにお世話になったミニミニに行ってみましたが、豊橋技科大周辺ではいい物件を扱っていないようだったので、その後ニッショーに行きました。(ただし、愛知大学周辺はミニミニが強く、ロフト付き物件が多かったです)

とある高専生

愛知大学周辺は店が多くて生活に便利そうだから、愛知大学周辺にして、車で通おうかな?

豊橋技術科学大学は、申請して許可を取る必要がありますが、車通学可です。

なんて最初は言っていました。しかし、

とある高専生の母

生活に便利かもしれないけれど愛知大学周辺は朝の渋滞がやばいからな!通学がしんどくなるからやめといたほうが良いよ。

ミニミニ紹介された部屋も納得できなかったので、諦めて豊橋技科大周辺で探すことにしました。

そして見つけた物件は、

  • 大学まで1km弱
  • 高台にあり見晴らしが良い
  • 周りはキャベツ畑で遮るものがなく眺望がいい
  • 車がないと買い物は不便

退去予定ではあるけれど、まだ人が住んでいる状態だったので、内覧せずに写真だけで決めてしまいました。

とある高専生の母

内覧していないので不安はありました。

「一般的な総合大学の感覚で部屋探しをしようとしたから、失敗したかも……」とその時思いました。

\ 日本全国の賃貸物件を掲載!入居決定で引越し祝い金がもらえる /

豊橋技科大周辺物件あるある

不動産仲介会社『ニッショー』の担当者の話より

  • 技科大生が9割以上を占めるので、寮みたいなもの
  • 物件を11月頃に決めて契約しても、家賃の支払いは実際に入居する4月から
  • 技科大周辺は市街化調整区域のため、何もない

技科大生が9割以上を占めるので、寮みたいなもの

アパートの駐車場に停まっている車のナンバーを見ると、高専所在地のナンバーばかり。

たいてい親名義で車を購入することもあって、特定の地域に偏ることなく全国から学生が集ってきていることが分かります。沖縄とか、群馬とか、鈴鹿とか、……。

物件を夏頃に決めて契約しても、家賃の支払いは実際に入居する4月から

不動産屋さんの話では、大学合格が決まったら、すぐに部屋を探して契約してしまう人がいるらしい。

とある高専生の母

遠方の人は、ネットの情報だけで決めてしまうことにもびっくり!

そして何よりも、

たとえ9月や11月に契約しても、支払いは4月から。契約から3月までの家賃支払いは免除してくれる大家さんがいる

ということに驚きました。

技科大周辺は市街化調整区域のため何にもない

キャベツ畑が広がり、牛舎で牛が牧草を食んでいる風景が広がっているのは、そういうことだったのかと納得。

調整区域は、商店も殆どありませんが、県道31号線を越えた先は市街化区域になるので、商店が増えます。

近くにある道の駅『とよはし』で新鮮な野菜は手に入るかもしれませんが、日常的な買い物は『イオン豊橋南店』。車がないとやはり不便な場所に変わりはありません。

\ 日本全国の賃貸物件を掲載!入居決定で引越し祝い金がもらえる /

とある高専生

車のない寮生たちって、自転車で頑張っててすごいわ。

引越し準備

とある高専生

引越って、何をどうすれば良いのかわからない!??

法的にはもう大人。やり方を教えはするけれど、できるだけ自分で問い合わせさせて手続きをさせました。

  1. 不動産屋へ退去の連絡(退去日を無理矢理にでも決めてしまう)
  2. 引越し業者への連絡と見積もり
  3. 荷造り
  4. 電気・ガス・水道の連絡
  5. 市役所への届け出

2月中に最後の授業が終わります。3月の卒業式、4月にある大学の入学式までの日程だけは決まっています。

高専に入学したときと同様に、のんびりしている時間はあるようで殆どありません。

不動産業者への退去連絡

退去日を適当に決めて報告しなければならないのですが、退去日の決め打ちをなかなかできなかったがゆえに、遅くなってしまいました。

早い人は、学校の最終授業の翌日を退去日にしていました。

とある高専生

いろいろやりたいことがあったから、ギリギリまで沼津に残っていたかったんだよね。

我が家は、卒業式後の日曜日を退去日にしました。

卒業式の準備や、卒業式後にクラスのみんなと打ち上げをしたりすることを考えて、アパートの部屋を寝る場所として確保しておきたかったようです。

引越し業者への連絡と見積もり

沼津のアパートを引き払って、豊橋までの引越。3社から見積もりをとって、納得した業者を選んでの引っ越し作業。

自分が学生の時とは違って、今はネットで見積りを一括でお願いできるから便利で良いですね。

\ 引越者業者の見積もり比較で最大50%引越し料金が安くなる! /

本当は沼津から豊橋まで引越を1回で済ませたかったのだけれど、退去日と入居日が2週間もズレてしまったがために、「沼津→浜松」、「浜松→豊橋」の2段階引越をすることになりました。

お値段も2回分なので2倍の費用。

繁忙期をすぎれば安くなる(1週間ずらすだけで5万円も違った)ので、浜松から豊橋への引越はずらすことにしたため、入学式のあとにしました。

布団などは自力で運び込んだので、なんとかなりました。洗濯はコインランドリーへ!

とある高専生の母

1週間ぐらいなら、冷蔵庫や洗濯機はなくても大丈夫っしょ!

引越荷造りと荷運び

卒業式の袴選びや、教育後援会理事会、卒業式前日と当日と、何かと沼津まで行くことがあったので、その都度荷造りを手伝っていました。

長期休暇のたびに荷物を量から運び出し、家まで持っていく時とは違う大変さがあります。

【高専寮】長期休暇は全部荷物を運び出す理由と大渋滞発生のワケ

ついでに、豊橋へは持っていかずに実家においていく荷物などは、車に積んで持って帰りました。

とある高専生の母

卒業式の日は、それこそ親子3人で荷造り頑張りました。

荷運びと買い物

家に持ち帰った荷物は、実家においておく荷物と、豊橋に持っていく荷物に仕分けます。

沼津と豊橋では、部屋の構造やサイズが変わってしまうので、使えないものがどうしても出てきてしまいます。

「都市ガス→プロパンガス」になったので、ガスコンロは使えませんし、そもそも豊橋のアパートには最初からガスコンロが付いていました。

押し入れのサイズも変わり、今まで使用していた衣装ケースが入らないなど、新しく準備しなければいけないものもたくさんありました。

とある高専生の母

私が使用している衣装ケースなら押し入れに入ることがわかったので、娘が使用していた衣装ケースと交換するなど、できるだけ出費を抑える努力をしていました。

\ カーテンなど、新たに必要になったものは、やはりいつものニトリで購入 /

ニトリで購入したものは、不要になったらニトリで引き取ってくれるサービスもあるから便利!

電気・ガス・水道の連絡

ガスは立ち会いが必要なので、早めに連絡しておきましょう。

停止の連絡は忘れずにできたのですが……、新居での開通連絡を直前まで忘れてしまっており、

とある高専生

立会が必要なガスは引越翌日になっちゃった。1日ぐらいお風呂に入れなくても、まいっか!

という大失敗。

引っ越しだけでなく、卒業・入学準備とやることがもりだくさん。忘れてしまうことが1つぐらいあっても、無理はない。

市役所への届け出

住民票を実家においてあるままの学生も多いとは思いますが、我が家は沼津高専に入学したとき、娘の住民票を移しました。大学入学に当たって、もちろん、住民票を豊橋に移します。

高専寮をでて一人暮らしをするときも、住民票を移しました。

とある高専生の母

今回は一緒に手続きをするけれど、出る時は自分一人でやるんだよ。

ということで、住民票の移動手続きはすべて娘に自分でやらせました。

沼津を引き払う数日前に転出届。入学式後は大学で忙しくなるから、引っ越しから入学式までの間に転入届。無事に届け出できたようです。

とある高専生

豊橋市役所の立駐の運転怖かった!

振り返って

あの時は、私自身の仕事の移動と娘の卒業・進学・車の購入が重なり、精神的にも肉体的にも「いつ倒れてもおかしくないような状態」でした。

2月~4月上旬まで、平日は慣れない仕事をし、毎週末に沼津や豊橋に行っていたので、自分が休まる日なんてほとんどありませんでした。

マジでしんどかった!

とある高専生の母

できれば、もうちょっと余裕をもって、事に当たりたかったな……。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

沼津高専機械工学科を卒業し、現在豊橋技科大3年生の娘をもつ母です。
娘は2年時:階長、卓球部部長→3年時:棟風紀、学習支援部長、卓球部部長、美化副委員長→4年時:寮生会長、美化委員長
私は教育後援会教育部会副部会長(2年時)→浜松支部副支部長(3年時)→浜松支部支部長(4・5年時)
と歴任しました

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次